ふるさと納税サイト情報

ふるなびのふるさと納税でAmazonギフトコードプレゼント、大増量中

ふるさと納税サイトの中でも大手のふるなび。寄附をしたらAmazonギフトコードが必ずもらえるサイトとしても有名です。
従来ならば寄附金額の1%の額でしたが、ナ、ナント現在2%に増量キャンペーンを実施しています!

【Amazonコード驚愕の増量キャンペーン 11%分もらえる自治体も】

Amazonギフトコードをもらえる条件は今までと同じく、以下の3つだけです!
ふるなびを使っている人なら意識せずに条件をみたしている方が多いのでは?

《Amazonギフトコードをもらえる条件》
1、ふるなびに会員登録!
2、ふるなびサイト上からふるさと納税を行う
3、クレジットカードで寄附の決済をする

期間は12月31日23:59まで。

また、以下の自治体への寄附では、さらにAmazonギフトの額をアップするキャンペーンを実施中です。

北海道羅臼町:3%
(キャンペーン期間 2018年10月1日~ 2018年12月31日)

徳島県佐那河内村:11%
(キャンペーン期間 2018年10月1日~ 2018年12月31日)

長野県小谷村:11%
(キャンペーン期間 2018年10月1日~ 2018年12月31日)

山形県大石田町:6%
(キャンペーン期間 2018年10月1日~ 2018年12月31日)

静岡県南伊豆町:11%
(キャンペーン期間 2018年10月1日~ 2018年12月31日)

※自治体名クリックでふるさと納税の返礼品一覧に飛びます。

驚異の11%なんて自治体もありますね……。ふるなびと自治体の本気を感じます!

ただし、上記の増量率は、12月31日までの2%分を含んだものとなっていますのでご注意を。たとえば、上記の長野県小谷村は11%のAmazonギフトコードがもらえますが、すでに2%を含んでいるので、さすがに13%はもらえません(;’∀’)

【返礼品レビューでAmazonギフトコード50円プレゼントも】

ちなみに、増量キャンペーンとは別に、ふるなびで寄附した返礼品にレビューすることでこれまたAmazonギフトコード50円分がプレゼントされるキャンペーンもやっています!

ふるなびのマイページからレビューする返礼品を選んでレビューを書くだけ。
これは返礼品の数が多い人ほどお得になりすね!

ただし最低20文字の投稿が必要なので、「おいしかった。」だけじゃだめですよ~。

【Amazonギフトコードは寄附した月の翌々月から。失効にご注意】

ギフトコードは寄付した月の翌々月中から使えるようになります。
会員登録したメールアドレスに案内が送られてきますが、マイページにアクセスして「Amazonギフト件を確認する」をクリックすればいつでも見られますので安心。

取得から半年を過ぎても何もしないでいると、権利が失効してしまうので注意です!!!

【ふるなびクラウドファンディングではさらに3%のAmazonギフトコードがもらえる】

ち・な・み・に。

ふるなびは「ふるなびクラウドファンディング」という、使い道を選んでふるさと納税をすることができるサービスも展開してします。

「ふるなびクラウドファンディング」(以下「FCF」という)とは、自治体または、自治体が認めた個人・団体がクラウドファンディングのプロジェクトオーナーとなり、「ふるさと納税」の制度を利用して資金を募るクラウドファンディング型のふるさと納税です。
地域が抱える課題解決のために掲げられたプロジェクト(使い道)に共感し、
プロジェクトに対して寄附していただくため、あなたの想いをダイレクトに反映させることができます。

たとえば、里山の野生動物保護のためとか、学校のエアコン設置などのプロジェクトが上がっています(2018年12月1日現在)。

ふるなびクラウドファンディングでも同じくAmazonギフトコードのプレゼントを行っており、こちらが追加1%分。つまり今回の増量分と合わせて「3%」のAmazonギフトコードがもらえちゃいます!

もう12月に入り、2018年分のふるさと納税できる期限まで一月を切りました。
ふるなびでは「ふるなびグルメポイント」など便利な取り組みも行っているので、ぜひお得に活用したいものですね。

ふるなびはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です